Pierre Fauchard Academy Japan Section

大会報告

PFA国際歯学会日本部会 年次大会

第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回過去の大会(第1回~第39回)

第47回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2016年10月1日(土)~2日(日)オリエンタルホテル広島(広島)

PFA国際歯学会
日本部第47回年次大会 報告

中国・四支部長 岸 民祐

 2016年10月1日(土)晴天のうちに、広島県歯科医師会館において年次大会を行った。
 今回は、国際副会長のRichard Sawers A.M(オーストラリア)と Region 9代表のArmyl C Baňez(フィリピン)の参加を得ることができた。前日にPFA有志によるDr. Sawers(奥様、子女、子息)とDr. Baňez(奥様)のウェルカムパーティーを安芸茶寮(ミシュランガイド3星)にて行った。
 事務局長の福本先生の司会により、62名の参加を得て、総会も無事終了し、山上会長より前会長の佐藤先生に感謝状が授与された。
 その後、新入会員の認証式が執り行われ、林会員選考委員長の点呼 報告に続き、Dr. Sawersより会員証書、山上会長よりリボン、Dr. Baňezより国際バッチの授与が其々行われ、新入会員代表の長谷川先生が宣誓をした。
 続いて、学術講演として、広島大学大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 口腔外科研究室の武知 正晃先生により「連通多孔体ハイドロキシアパタイト(ネオボーン)を用いた顎骨再生治療の確立」と題してお話しいただいた。次に、エッセイストの小林 きみ子先生より「何故の地球ひとり旅/異国を旅して得たもの」と題し、文化講演をお願いした。両ご講演ともに大変有意義で楽しく拝聴したが、小林先生がCDで旅行の様子をお持ちいただいたため、器械が対応できず、拝見できなかったことは残念であり、申し訳なく思う次第である。紙面上ではありますが、伏してお詫び申し上げます。
 今回は、山上会長のご提案で、総会中、企業展示も行った。(4社)
場所をオリエンタルホテル広島に移して、写真撮影と懇親会を行った。懇親会は、日根野先生に司会をお願いし、気の置けない会員同士和気あいあいと時間も忘れて過ごすことができた。
 次日、10月2日(日)また晴天に恵れ、オリエンタルホテル広島前よりバスに乗り、平和公園内の原爆資料館、お隣呉市の大和ミュージアムを見学し、日本海軍式の昼食後、広島駅を経由し、オリエンタルホテルへ戻り、解散した。
 今回、開催にあたって、不手際も多々あったと思いますが、平にご容赦いただければ幸いです。ご参加ありがとうございました。

Page Top

文化講演

演題「何故の地球ひとり旅/異国を旅して得たもの」
エッセイスト 小林 きみ子
著書
 世界の山旅に魅せられて“地球の今を視た”(東京図書出版会)
 地球ひとり旅 我が魂の遍歴(文芸社)

 

学術講演

演題「連通多孔体ハイドロキシアパタイト(ネオボーン)を用いた顎骨再生治療の確立」
武知 正晃
広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 口腔外科学研究室 准教授

Page Top

第46回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2015年11月7日(土)ホテル阪神(大阪)

第46回PFA日本部会総会・学術大会が盛況裏に開催

2015年11月7日(土)JR・阪神「福島駅」下車すぐにあるホテル阪神でPFA国際歯学会日本部会・第46回年次大会が盛大に開催されました。
11時半から10Fザ・ボールルームBの前に準備されたテーブルで受付けが始まりました。全国から会員が続々と集結し、韓国からも6名の会員が出席されました。1年ぶりの再会で話も盛り上がりました。まもなく12時半から2015年年次総会が和久本雅彦事務局長の総合司会ではじまり、奥田謙一大会長の開会宣言の後、佐藤文夫会長の挨拶に続き、議長選出で江原雄二会員が選ばれて議事が進められました。
総会後は、新入会員認証式が行われました。新入会員は大西吉之先生で、林俊郎会員選考委員長より選考報告がなされました。会員証書、リボン、国際バッジが授与され、新入会会員宣誓が行われました。その後、13時半より奨学金授与式が行われました。本年は岡山大学歯学部、徳島大学歯学部、福岡歯科大学口腔歯学部の3校が奨学金授与校でした。岡山大学は「皆川由季乃」さん、付き添いは窪木拓男教授、徳島大学は「青木穂積」さん、付き添いは吉村弘教授でした。(なお、福岡歯科大学は12月4日に、大学内にて奨学金授与式を執り行っております。)13時45分からは、会長交代式が行われ、佐藤会長から山上哲賢次期会長に来年のバトンが渡されました。14時からは佐藤会長の座長の下、大阪大学の村上伸也先生による学術講演が、15時40分からは、羽衣国際大学の吉田静香先生による文化講演が行われました。
記念写真を別室で撮影した後、18時過ぎより懇親会が開演し、まずウェルカムドリンクを楽しんでいただきました。司会は高橋達行会員により執り行われ、会長挨拶、来賓紹介、新入会員紹介、続いて、ICD日本部会小林菊生会長およびPFA韓国会金鴻基名誉会長による来賓の祝辞をいただきました。乾杯によりいよいよ宴会も盛り上がりおいしい料理を楽しみました。そこで、突然、美女の入場と美しい歌声に会場は包まれ、ソプラノ歌手湯川夏子のあでやかな歌声を堪能しました。その後は、二次会がホテル阪神のBARでセットされ、多くの会員が遅くまで親睦を深め、お酒を楽しみました。
翌日は、ホテル阪神を出発し一路奈良に向かいました。あいにくの雨でしたが、バスの中は熱気むんむんで宴会ムード。奈良に詳しい森岡俊夫名誉顧問と久保茂正会員により奈良の説明がされました。雨の中、東大寺大仏殿の拝観、興福寺五重塔と周辺の散策し、昼食の菊水楼に到着しました。しっとりぬれた古都奈良を堪能し、おいしい菊水楼の会席料理に舌鼓をうち、たくさんお酒をいただきました。それから、大阪に向かい天王寺駅で半分解散、残りが新幹線の新大阪と伊丹空港で解散となり、無事すべてのスケジュールが終わりました。

集合写真

第46回PFA国際歯学会日本部会年次大会 2015年11月7日 於;ホテル阪神(大阪)

Page Top

第45回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2014年9月27日(土)ウォーターマークホテル(長崎)

第45回PFA日本部会総会・学術大会が盛況裏に開催

2014年9月26日(金)、佐世保市中心部から車で40分程の地、長崎ハウステンボスウォーターマークホテルにて、サンフランシスコから駆けつけていただいたPFA国際会長のDaniel M. Castagna先生や日本部会会長の佐藤文夫先生をはじめとして11名が出席し、ウェルカムパーティが開催されました。9月27日(土)には、第45回年次大会が九州支部 西原正治先生の司会で定時より始まりました。Castagna国際会長により、新入会員3名の内2名が入会書とPrize 「The Elmer S. Best Memorial 賞」のWinnerを作田 守 先生に授与され、議事も原案通り可決決定されました。
学術講演では東北大学顎口腔矯正学分野教授の山本照子先生から、インプラントを固定源とした矯正治療のご講演に対して、会員からの活発で興味ある質問が多くあり、不可欠な分野となったことを痛感しました。
文化講演では1889年(明治22年)海軍佐世保鎮守府が開庁され、佐世保市は海軍の街として栄えた由縁と1945年(昭和20年)7月から米軍佐世保進駐部隊・現米海軍佐世保基地が所在することもあり、海上自衛隊佐世保地方総監部防衛部長1等海佐 石橋督悦様から佐世保旧海軍の歴史や近隣諸国との平和の維持についてのご講演と多くの質疑により、日本の平和維持ができる講演会となり、安堵しました。
懇親会では、65名の方々にご参加いただき、佐世保はジャズの復興の地でもあることから音楽を聴きながら 次期開催地関西支部長の奥田謙一先生の閉会の言葉で、盛況裏に幕を閉じました。翌日、9月28日(日)のエクスカーションはハウステンボス内での観光をおこないました。

集合写真

第45回PFA国際歯学会日本部会年次大会 2014年9月27日 於;ウォーターマークホテル(長崎)

Page Top

文化講演

演題「佐世保における帝国海軍と海上自衛隊の歴史と現代的意義」
 石橋 督悦
 佐世保地方総幹部防衛部長

 

学術講演

演題「最新の歯科矯正治療-歯科矯正用アンカースクリューの臨床応用と今後の展望」
 山本 照子
 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 教授

Page Top

第44回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2013年10月19日(土)新潟グランドホテル(新潟)

第44回PFA日本部会総会・学術大会が盛況裏に開催

新潟での大会開催は2008年以来5年ぶりとなります。新潟は全国からのアクセスが必ずしもよいとはいえず、日本海部会の会員も少ないため大変心配しておりましたが、多数のご参加をいただき大変感謝しております。
今回、日本部会の大浦先生の取り計らいでPFA国際歯学会のDr. Acuna会長ご夫妻にもご来県いただき、雰囲気が一気に盛り上がり大会に華を添えていただきました。
学術講演では、まず日本歯科大学新潟生命歯学部教授の渡邉文彦先生に、マスコミからの批判を真摯に受け止め、原点に戻り反省し、国民に向き合ったコニュニケーションを築くことが大切であるとご講演いただき、日本歯科大学名誉教授の片桐正隆先生には長年病理医として培われてきた経験から、中皮腫について貴重なご講演をいただきました。
文化講演では、新潟大学工学部の岡崎篤行先生に新潟の花街、お座敷文化について大変興味深い講演がありました。
大会当日の夜には懇親会で親睦を深め、翌日のエクスカーションでは、柏崎で由緒ある松雲山荘で情緒あふれる日本庭園を訪れ、庭のいただきにある茶道専門の木村茶道美術館でお茶をいただきました。終始、天候には恵まれませんでしたが、有意義な大会になったことを祈り、ご参加いただきました先生方には心より御礼申し上げます。

集合写真

第44回PFA国際歯学会日本部会年次大会 2013年10月19日 於;新潟グランドホテル

Page Top

文化講演

演題「柳都、新潟、古町花街とお座敷文化」
 岡崎 篤行
 新潟大学工学部建築学科 教授

 

学術講演

演題「歯科治療における臨床病理医からのアドバイス」
 片桐 正隆
 日本歯科大学 名誉教授

演題「日本口腔インプラント学会の今後の取り組みと役割」
 渡邉 文彦
 日本歯科大学新潟生命歯学部 教授

Page Top

第43回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2012年9月29日(土)ホテルオークラ札幌

第43回PFA日本部会総会・学術大会が盛況裏に開催

2012年9月29日(土)札幌市中心部に有るホテルオークラ札幌にて第43回年次大会が定時より私の司会で始まり、議事も原案通り可決決定されました。協議事項では2014年の年次大会を九州で開催する事に成りました。
文化講演では、北海道支部の松崎先生に風景写真の魅力と題しまして講演をして頂き、すばらしい写真を拝見し感激いたしました。
学術講演では、北海道大学の特任准教授の樋岡京子先生に血管を標的とした新規抗がん剤の開発を目指してと題しまして講演を頂きましたが、会員からの興味ある質問が多く有り盛会な講演会と成りました。

集合写真

第43回 PFA国際歯学会日本部会年次大会 平成24年9月29日 於;ホテルオークラ札幌

Page Top

文化講演

演題「風景写真の魅力-デジタル化の嵐の中で-」
 松崎 紘一先生
 公益社団法人日本口腔インプラント学会 専門医

 

学術講演

演題「血管を標的とした新規抗がん剤の開発を目指して」
 樋田 京子先生
 北海道大学大学院歯学研究科 特任准教授

Page Top

第42回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2011年10月29日(土)名古屋マリオットアソシアホテル

第42回PFA日本部会総会・学術大会が盛況裏に開催

10月29日、名古屋マリオットアソシアホテルにおいて、第42回PFA日本部会総会・学術大会(山本 稔大会長/須賀康夫実行委員長)が開催された。Joseph C. Harris夫妻(国際会長)、金 宗源夫妻(韓国会前会長)、松本圭司夫妻(日本部会会長)をはじめ全国から67名が参加し、格調高く国際色豊かな雰囲気のなか9名の新入会員認証式が行われた。また、PFA米国本部財団から本年度奨学金を授与された3大学のうち、奥羽大学歯学部、愛知学院大学歯学部の奨学生各1名が表彰された(大阪歯科大学は、11月11日の同大学創立100周年記念祝賀会において授与式が行われた)。
学術講演では、 保徳先生(国立長寿医療研究センター歯科口腔先端診療開発部)が「歯科用OCT画像診断器の開発とその応用」と題して講演し、口腔領域においてエックス線に代わる非被曝の画期的な画像診断器を紹介した。また続く文化講演では、岡部快圓氏(大須観音宝生院貫主)が「真理に生きる」と題して講演、宇宙の真理や2,500年前に釈迦が悟りに至る心境を噛み砕いて説明し、会員一同に深い感銘を与えた。
2012年の総会は札幌市での開催を予定しており、高木哲朗中部支部長から小阿瀬海司北海道支部長にチャーターが引き継がれた。

集合写真

第42回 PFA国際歯学会日本部会年次大会 平成23年10月29日 於名古屋マリオットアソシアホテル

本大会には、名誉会員のなかでも最高齢となる98歳の金田義夫先生、93歳の高木一郎先生、川口正典先生が参加され、伝統あるPFA日本部会の格式が感じられた。

Page Top

岡部快圓氏
  岡部快圓氏

文化講演

演題「真理に生きる」
 真言宗智山派宗務総長
 総本山智積院寺務長
 大須観音(北野山 真福寺 寶生院)貫主

 

 

角 保徳先生
 角 保徳先生

学術講演

演題「歯科用OCT画像診断機器の開発とその応用」
(日本歯科評論平成23年1月号に掲載)
 国立長寿医療研究センター
 歯科口腔先進医療開発センター
 歯科口腔先端診療開発部 部長

Page Top

第41回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2010年11月6日(土)東京・新宿京王プラザホテル

ご挨拶

松本圭司会長

PFA日本部会 会長 松本圭司

本日、ピエール・フォシャール・アカデミー日本部会第41回年次総会・大会の開催に際しましては、International President・Hubert Ouvrard先生がフランスから、また、韓国から尹漢皙会長をはじめ、内外から多くの著名な先生方をご来賓としてお迎えすることが出来ました。ご多用のところご出席賜り誠に有難うございます。厚く御礼を申し上げます。
また、本大会がこのように盛大に開催できましたことは、大会長・尾澤文貞先生、実行委員長・佐藤元彦先生、大会準備委員会の先生方はじめ会員諸先生方の暖かいご協力の賜物であり、会長として心より感謝申し上げます。
本会の大きな目標であります国際的な交流を通じて相互理解を深め、歯科医療界のレベルアップを図り社会に貢献する方向性は、現在、着実に進展し始めております。そして本年は、優秀な9名の新入会員をお迎えし認証式を行うこととなりました。先生方におかれましては、会の活性化のため更なる会員の増強にご支援を賜りますよう、そしてピエール・フォシャール・アカデミー日本部会と友好学会の絆が益々強くなり、共に発展することを祈念しご挨拶とさせて頂きます。

Page Top

To the Japan section of the Pierre Fauchard Academy.

Dr. Hubert Ouvrard

President PFA International Dr. Hubert Ouvrard

Dear Fellows of the Pierre Fauchard Academy,
It is an honour for me to be invited to your 41st Annual Meeting and a great pleasure to attend this session.
The first and only time I went to Japan was 30 years ago, when I could admire your great country. I remember when I visited Tokyo, Kyoto and Nara that I was surprised by the mix of modernity and tradition that I saw. I was very all enthousiastic. That is one of the reasons I am so happy to be here with you. But another reason is that I know how important and active the Japan section of the Pierre Fauchard Academy is under the lead of Drs. Matsumoto and Ohura.
Our Academy is an honour organisation, this means that you have been chosen by your colleagues to be a fellow because you are an excellent dentist but also because you have made, during your professional life, many things for the progress and many actions for the advance of dentistry in your country and even in the world.
Our profession is splendid and it is worth all your efforts.
The important aim of each Fellow is to be a reference for the other dentists and a leader of opinion. This gives me great justification to be present today at this session.
Thank you for your kind invitation and long life to the Japan section of the Pierre Fauchard Academy.

Page Top

学術講演

最新のがん治療戦略 ―特に樹状細胞がんワクチンについて―
医療法人社団博心厚生会 九段クリニック理事長 一般社団法人 国際統合医学会理事長 阿部博幸

学術論文

インターネット歯科相談に関する考察
関東支部 杉原成良

歯科臨床におけるオゾン水の利用について
関東支部、昭和大学口腔リハビリテーション科、和久本歯科医院 和久本雅彦
日科ミクロン(株)、医療事業部 清水禎敬

Page Top

文化講演

落語「時蕎」
落語家 九代目 桂文楽師匠

日韓四方山話し
陸東蒼様(文楽師匠と歓談)

Page Top

第40回 PFA国際歯学会日本部会 年次大会
2009年10月31日(土)京都市・ホテルグランヴィア京都

第40回PFA記念大会報告

佐藤文夫

PFA関西支部長 佐藤文夫

先のNews22号にて大方のご報告を致しましたが、2009年10月31日と11月1日の2日に渉って、京都市において本部会長ヘッドランド先生ご夫妻をお迎えし盛会裡に開かれました。
総会前夜、本部会長の接待が京都の北下鴨茶屋にて松本次期会長夫妻初め9名の参加を得て行われました。森岡前会長には寿の書を認したためられ、裏に参加者全員の署名をし本部会長へ贈った次第であります。
総会は京都駅ビルにあるホテルグランビア京都にて開かれました。橋本会長には体調が優れないこととて、松本次期会長が会長代理を務められ本部会長の接待など気を遣われた模様であります。
新入会員の内7名が参加され本部会長より認証状を受ける機会に恵まれるラッキーな入会式となったことでした。
日本部会創設40周年記念式典に於いては、新たに名誉会員として川口正典先生と韓国会長の金 宗源先生のお二人が推薦され承認されました。
学術講演には、今一番ノーベル賞に近い日本人と言われておられる京都大学医学部教授田畑秦先生のご講演がありました。演題は、“バイオマテリアルからみた再生誘導治療の実際と展望”と題され、歯科関連の話題(骨髄間葉系細胞と海面骨片を用いた骨再生誘導―身体で溶ける材料と患者の細胞を組み合わせて骨の再生誘導が可能に)をも取り入れられて、難解な事柄をやさしく、例へば生体内細胞の増殖、分化のための足場・スペースの確保、生物活性の制御又足場の確保の問題。薬剤の徐放化問題によって薬剤の持続的効果増強の話題等を楽しくお話になられ、感銘を受けて聞き入った次第であります。
文化講演には、大蔵流狂言師の安東伸元氏他大和座のメンバーによる“萩大名”と言う名曲が演ぜられました。ご承知の如く、狂言は能と違って出てくる大名・僧・山伏・雷さま等どれも威厳のあるような登場者はいません。太郎冠者以外は、情けのない人達ばかりであります。これらは能の威厳に満ちた演目の合間に、生き抜きのためのコント風の出し物であります。威張り散らしていた権力者を、この時ばかり笑い者に仕立てるのです。庶民に取っては、拍手喝采の場であったのかも知れません。余りにやり過ぎ、佐渡に流された人も居たほどです。
その様な中でも萩大名は代表演目で、内容は室町時代の田舎大名(金はそこそこ持っていているが、教養のかけらもない)が京見物に、有名な庭を見物に出かける。庭の亭主から歌の所望に、小唄(流行歌)は得意だが歌(和歌)は全く不案内、教わった俄仕込みの歌が上手く口に出てこず思い切り恥をかき、ほうほうの体で退散すると言う筋。
記念撮影の後、懇親会には京都北より上八軒の舞子さんが来て、踊りを見せてくれ大いに盛り上がったことでありました。
翌日のエキス・カーションは、京都の南伏見地区にある造り酒屋見学・30石船遊覧と秀吉の桜遊園で有名な後醍寺雨月茶屋で昼食後、京都駅近くの東寺宝物見学等を楽しみ、再開を誓い解散しました。

集合写真

Page Top

過去の大会(第1回~第39回)

準備中

Page Top

サイトポリシー

ホーム サイトマップ